東京スター銀行住宅ローン借り換え
審査は甘いの?厳しいの?

東京スター銀行住宅ローン借り換えはどうすればいい?

 東京スター銀行借り換え住宅ローンについて少し。東京スター銀行借り換え住宅ローンは結構お得なものだと思います。スターワン住宅ローンという商品なんですが、これが預金連動型のものなんです。なんでもこれは日本で初めての商品タイプらしいです。預金連動型のいいところは、預金残高と同額分のローン金利は0%になるということです。早く元金を減らして完済したいというのは多額のローンを組んだ人が誰でも思うことでしょうが、手持ちのお金を全額返済に回してしまうと、もしもの時にお金がないということになってしまい、それを不安に思う人も少なくないはずです。

 そういう場合、この預金連動型っていうのはとても安心出来る商品タイプだと思います。もしもの時に必要となるお金を手元に残した状態で繰り上げ返済と同じ効果を得ることが出来るわけですから、画期的と考えてもいいかもしれません。預金連動型といっても馴染みのない方には少しややこしい話だったかもしれませんが、つまり預金を増やしていくとローンの利息を減らすことが出来るってことです。預金連動型の対象となる預金は、スターワン円普通預金、スターワン外貨普通預金、オフセット定期預金の3種類だったと思います。

 やはり、東京スター銀行借り換え住宅ローンが人気なようですね。東京スター銀行借り換え住宅ローンが人気になっているだろう理由をまとめると1つは預金連動型の商品ということだと思います。預金残高と同額のローンに関しては金利は0%。つまり、預金を増やしていくと金利が下がっていくということです。自分の預金口座にお金を残しておくことで、もしもの時に使えるという安心があります。しかも、その預金分を繰り上げ返済と同じように扱ってくれるので、お金が手元に残ったまま、利息が減っていくというシステムになっています。もちろん、預金連動型の対象となる預金は決められているので、注意が必要です。

 また、保証料や繰り上げ返済手数料が無料ということも魅力だと思います。メンテナンスパックによって繰り上げ返済手数料や固定金利選択の手数料も無料になっているのも利点です。あと、今はこういうところが多いかもしれませんが、東京スター銀行の住宅ローンも申し込みから契約まで来店する必要がありません。全てネットと郵送で済ませることが出来ます。ただし、これは基本的にってことなので場合によっては契約立ち合いの為に来店しないといけない可能性があるそうですが、忙しい人には向いているかもしれません。

東京スター銀行住宅ローン借り換えのメリットとデメリットは?

東京スター銀行住宅ローン借り換えを行うにあたり色々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士にお願いする形になりますがその司法書士を選択権は基本的に申込者側にあるので金融機関次第では自分で選択することもできます。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないことが多いので金融機関の指定する司法書士にお願いすることも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関へ確認してください。

他にもローンの申し込み段階で用意する書類も多いので借り換えメリットと比べて労力が伴わないと思ったら行わない決断もありです。

東京スター銀行住宅ローンの返済で大変というと人の中には東京スター銀行住宅ローン借り換えを行なって利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

その際に、新しい東京スター銀行住宅ローンを探すことになりますが金利が低い以外のメリットも求めていますよね。

具体的にどういったメリットがあるかを考えてみましょう。

保証料がかからないこともメリットの一つです。

例えば3000万円を30年ローンで支払う場合、60万円以上かかる計算になります。

それ以上に大切なのが繰上げ返済が簡単で手数料がかからないことです。

一番大切と言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

「最もお得な資産運用は繰上げ返済である」と言われるくらい大切です。

東京スター銀行住宅ローンを選ぶ際に大切なことがあります。

例えば、繰り上げ返済が簡単に行えることです。

なぜかというと繰上げ返済を早く進めれば進めるほど元本も利息もどんどん減っていきます。

結果として総支払額が少なくなったり、支払期間が短縮されます。

そのため、手続きをネットで簡単に行えることや返済可能額が一円以上からなのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

ひとつ気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで生活が苦しくなったら本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

東京スター銀行住宅ローン借り換えを検討するときも繰上げ返済は重要です。

東京スター銀行住宅ローンを組んでいる方にメリットの大きい東京スター銀行住宅ローン控除ですが東京スター銀行住宅ローン借り換えを行った際には控除は利用できるのでしょうか。

東京スター銀行住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末の東京スター銀行住宅ローン残高の1%が所得税額から還付されます。

借り換え時にローン控除のメリットをフルに受けられるようにすることが控除をフルに利用するには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないようにしましょう。

金利1%未満なら繰上げ返済を行いことなどがあります。

繰上げ返済をしない理由はローン控除では1%の所得税が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払う金利が大きくなります。

突然ですが皆さんは東京スター銀行住宅ローン借り換えの経験はありますか?多くの人は行ったことはないはずです。

ここでは、借り換えを行う際の流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在の住宅ローン内容を再確認することです。

参考:http://www.quattronoza.com/

銀行機関の多くでHPに設置されている借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総支払額を確認してみましょう。

シミュレーション後は借入銀行探しです。

金利以外にも保証料なども見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合うローンが見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら最も条件のいい銀行を選びましょう。

最初に組んだ東京スター銀行住宅ローンを別のローンにする東京スター銀行住宅ローン借り換えですが最初の申し込みで組めたから借り換えも大丈夫と楽観的に捉えている人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちる場合もあるんです。

借り換え審査時に職場や年収が変わっていなければ審査に通ることの方が多いようですが転職した場合や年収が下がっている場合は要注意です。

特に年収が変わっていなくても最初の東京スター銀行住宅ローンの申請時は新築扱いだった物件の評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

年収に対してのローン額が増えていると通らない可能性があります。

夢のマイホームを購入する時、大半の人が東京スター銀行住宅ローンを利用します。

でも、毎月のローンの返済が多くて大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に行うのが東京スター銀行住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットを受けることを考えると当然、今のローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際の判断基準となるメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているのでどこがお得になるか参考にしてください。

確認する際に気をつけることとして、シミュレーションをしたところ20万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費が発生してそんなに得にならなかったということもあります。

色々なローンを利用する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが金利が固定か変動かではないでしょうか。

金利の部分だけを見ると変動の方が低くなっていることも多いです。

しかし、変動というように大体半年ごとに金利が変わってしまうので場合によっては、固定金利よりも高くなってしまい、完済までの計画が立てにくい面もあります。

東京スター銀行住宅ローン借り換えを行う場合は基本的に変動を選ぶことになると思います。

固定の場合では、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても毎月の支払額に変更がないというメリットもあります。

他にその中間とも言える1年ごと、3年ごとに金利が固定の固定期間選択制というものもあります。

多くの人が東京スター銀行住宅ローンを組む際に頭金を支払います。

頭金を用意しなかった人もいるかもしれませんが頭金を支払わないと毎月の返済額が高くなります。

そういった悩みを解消するのに返済額を減らそうと東京スター銀行住宅ローン借り換える方もいます。

多くの人が「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と考えている方もいるようですが審査に落ちることもあります。

例えば、借り換え時の審査では、最初の審査の時よりも転職をして年収が下がってしまった場合や東京スター銀行住宅ローンの返済を滞納したことがある場合です。

年収や職場が大きく変わっていなくてもこういった面で引っかかることがあります。

東京スター銀行住宅ローンを契約した際に固定金利のフラット35を利用した方の多くは全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識があるようです。

実は借り換え融資プランもあるので東京スター銀行住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合が多いそうです。

基本的には金利差が0.3%あればお得になります。

よく借り換えで説明されているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるケースですが変動金利の方が1%から2%低く設定されていることが多いのでお得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利同士での借り換えは、金利変動リスクはありません。