住宅ローンは焦らず計画的に選ぼう

無理をしない住宅ローン選び

 慎重に選ぶ住宅ローンに関して少し。慎重に選ぶ住宅ローンっていうと、当然だって思うかもしれませんが、意外に大事なことを見落としていたりすることもあると思います。例えば、公的ローン、もしくは公的ローンの性格を受け継ぐ民間ローンでは基本的に借り入れ限度額は物件購入費用の80%までということになります。つまり、残りの20%分をどうするのかってことを考える必要があります。ただし、親子リレー方式や民間ローンよりも高い年齢で融資申し込みが出来るといった利点もあります。つなぎ融資比較についても同様に人気があります。また、勤続年数が民間に比べて短くても借りられるという可能性もあります。

 公的も民間も、それぞれに利点と難点があるのでどちらがいいと決められるものではありません。住宅ローンを選ぶ時には、他にも各種の手数料、諸費用、疾病保証などのサービスといったところも考えて決めた方が無難です。また、固定と変動といった金利タイプも選ぶ時のポイントです。また、固定と変動を合わせたタイプのものもありますが、こちらもそれぞれに利点と難点があるので、どれが優れているとは決められません。今の金利情報と自分の性格、家計状況、将来設計などを考えて金利タイプを選んだ方がいいと思います。